映画「もったいないキッチン」:フードロスから考える、自分と世界を大事にする食べ方

JUGEMテーマ:映画の感想

捨てられた食品から豚の飼料を生産する工場で試食するニキとダーヴィド。(United People)

 

 

●映画「もったいないキッチン」HP

https://www.mottainai-kitchen.net

 

 

オーストリア人の「食材救出人(フード・アクティビスト)」(!)、ダーヴィドと通訳のニキが、日本各地を旅しながら食べ物、そして自分自身や周りの人との向き合い方について考える、ちょっとほっとして元気になれる美味しいお話。

 

冒頭から、コンビニで出るフードロスの量にびっくり!

日本では毎年約640トンのフードロスが発生しており(農林水産省、2019年)、そのうち日本国内の5万店を上回るコンビニから出されるロスは年間約30トン。

 

「顧客満足」の名の下に巨大なゴミ箱にザクザクと捨てられてゆく大量のおにぎり、パン、お弁当、お惣菜。背景にあるのは、品切れを防ぐための一日2回の大量注文と、常に新鮮さを求めるお客の態度。コンビニで買い物することが多い私は、反省。。。

 

 

「今日食べたものは、明日・明後日には私達の血や肉になります。そのことを考えながら、感謝していただきます。」

 

 

にこやかな僧侶の言葉に、目が覚める思い。目の前の野菜が自分の一部になる、という事実は、よく考えるとすごいことだと思う。小さい頃、田舎のおじいちゃん・おばあちゃんが大事に育ててくれたお米を、大事に噛みしめながら食べたっけ。食べるという行為は、食べ物を作った人との繋がりを思い出させてくれる。

 

福島、大阪、鹿児島。行く先々で捨てられる運命にある食品から美味しくて楽しい取り組みを生み出してゆくシェフ、農家、経営者、アーティスト、お料理研究家、おばあちゃん、虫好き青年、お坊さん。

 

映像を見ながら、その日に捨てられた食材を使って一流シェフが交代でホームレスの人のための無料の食事を作り提供するパリのカフェを思い出した。食べることは、ただ必要な栄養を摂取することではない。自分に与えられた時間をどう過ごすか、人との繋がり、自分との向き合い方、を問い直すことでもある。そして、食べるという行為の前に私達は平等であり、一緒に食べる楽しい時間は全ての人に開かれているべきものだ。自分を見つめ直したくなる、楽しい作品。